前顧問のブログです
by asami-hitorigoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
最新のコメント
浅見先生 寒稽古お疲れ様..
by shiraishi at 10:57
秋田のナツイです。 浅..
by ナッチャン at 09:59
お疲れ様でした。 しば..
by カジパ at 17:11
浅見先生、寒稽古頑張って..
by のび太 at 20:43
こんばんは。 我が県の..
by のび太 at 22:50
ブログも、Faceboo..
by マニアックM at 20:40
お久しぶりです。海外指導..
by thetareikituma at 01:06
感度良好! 日本でも、..
by マニアックM at 06:41
浅見先生先日はお稽古あり..
by 野田知宏 at 16:26
あけましておめでとうござ..
by マニアック M at 16:51
メモ帳
検索
最新の記事
雪かき
at 2018-02-15 21:39
第二次寒稽古ツアー その6(..
at 2018-02-15 15:34
第二次寒稽古ツアー その5
at 2018-02-14 17:54
第二次寒稽古ツアー その4
at 2018-02-14 11:45
第二次寒稽古ツアー その3
at 2018-02-13 23:07
第二次寒稽古ツアー その2
at 2018-02-13 16:40
第二次寒稽古ツアー その1
at 2018-02-09 13:06
寒いネー
at 2018-02-02 15:21
松風館にて高崎先生のお祝い
at 2018-01-21 11:45
第一次寒稽古ツアー その6 ..
at 2018-01-20 16:00
第一次寒稽古ツアー その5 ..
at 2018-01-19 19:56
第一次寒稽古ツアー その4 ..
at 2018-01-17 15:18
第一次寒稽古ツアー その3 ..
at 2018-01-17 13:31
第一次寒稽古ツアー その2 ..
at 2018-01-16 20:34
第一次寒稽古ツアー その1
at 2018-01-15 17:18
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雪かき

 昨日は2/14、バレンタインデーということで世の中は動いていたようです。

 浅見はそんなことすっかりと忘れており、・・・忘れていたと言うより、2/11がバレンタインデーだったと思い込んでいたようです。
 ですから夜に橋市道場に稽古に行ったら、子どもたちの稽古が終えたところに到着。皆さんチョコのやり取りで賑やかでした。「何でバレンタインデーは終わったのに?」と疑問に思ったほど。
 つまり、夜になるまで浅見にはバレンタインデーに関わる出来事が皆無(誰もチョコをプレゼントしてくれない)だったのでした。

 小学生女子2人からチョコをいただきました。「ありがと、愛しているよ。」とお返事しておきましたけど。

 チョコをいただいたことに、天変地異が起きたのか、猛烈な雪降りとなっていました。日本海側の降り方はこういった状況でしょう。


 一夜明けて、湿った重い雪が30cmほど積もっていました。車がこんな状態。ドアが開きません。
a0139088_21313152.jpg
 前から見ると
a0139088_21323049.jpg

 屋根から滑り落ちた雪が暖房機の室外機を完全に覆ってしまい、雪かきしなければならず、他にも我が家の玄関前、車の駐車している周囲、計3カ所の雪かき作業を、朝と昼間の2回やりました。老骨にむち打って。

 おかげで腰と背中が痛いし、腕はだるい。足は脱力感が抜けず、今夜の稽古はお休みしました。

 明日、筋肉痛か神経痛が出なければ良いのですが・・・ダメでしょうね。

# by asami-hitorigoto | 2018-02-15 21:39 | Comments(0)

第二次寒稽古ツアー その6(大阪大学稽古会)

 2/11の大体大での朝稽古を終え、9:00にダルマ大師に熊取駅まで送っていただいた。同行者は長尾先生。

 9:20発の紀州路快速の列車で天王寺駅へ。駅構内のカフェにてコーヒータイム。久しぶりのゆっくりタイム。

 11:00発の空港リムジンバスにて伊丹空港へ向かい、20分で到着。大阪大学の板東教授に連絡を取り、11:45に空港に迎えに来ていただきました。大阪大学では土・日・月の3日間、9:30~11:00に稽古会を実施しています。12日(月・祝代)の稽古に長尾先生とともに参加することにしていました。

 空港から大阪大学まで車で10分もかからない。大学正門前にあるレストランにてランチ。
 大学構内にある宿舎(待兼山会館)に部屋を取っていただき、夕方まで大体大での寒稽古の写真をFacebookにアップする作業をやっていました。

 17:30に夕食に出かけました。旧家を活用した情緒たっぷりの日本料理店に案内していただき、食事を堪能しました。感謝。
 帰りにコンビニに立ち寄り、翌朝の朝食を購入。


 2/12は9:00に大学構内の剣道場に。更衣して体育館フロアに移動。
a0139088_10430418.jpg
a0139088_10455699.jpg
a0139088_10495618.jpg
 長尾先生と阪大OBの成知先輩とは、同期であるとのこと。旧交?を温めているのか。
a0139088_10523221.jpg
 もう一人、同期の方がおり、3人とも違う大学出身ですが、この場での遭遇に驚いていました。
a0139088_10551497.jpg
 稽古は、体操、素振り、礼式、切り返し、掛かり稽古、地稽古という内容。
a0139088_10590793.jpg
a0139088_14453609.jpg
 切り返しを始めるにあたり、学生、若手?OBGが参加してパートナーを確認。
a0139088_14530242.jpg
 阪大の切り返しでは元立ち、懸かり手と分けず、全員が左右面切り返しを連続20回交互に実施します。それを5セットやっていました。
a0139088_14571292.jpg
 最後の5セット目には、高年の元立ち者が面をつけ、掛かり稽古に備えます。
a0139088_15065735.jpg
 掛かり稽古、20分間です。
a0139088_15102418.jpg
 浅見も掛かり稽古の途中から面をつけて元立ちに立ちました。以後の写真はナシ。

 その後、地稽古を35分と言っていましたが、実際は40分。妙に疲れました。OBGの方々は稽古が激しいですネ。

 礼式後、集合写真。
a0139088_15174444.jpg
 阪大の剣道場。
a0139088_15233888.jpg
 現在の剣道部師範は、島野大洋範士です。前の日(2/11)は稽古に来られていたのですが、この日は居ませんでした。稽古をお願いできず残念でした。
a0139088_15250733.jpg
 阪大剣道部員にポーズを取ってもらいパチリ。
a0139088_15270673.jpg
 シャワーを浴び、更衣して直ちに伊丹空港に向かいました。皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

a0139088_15293199.jpg
 大阪上空、家がギッシリ。
a0139088_15305036.jpg
 岩手上空から。雪がギッシリ、白銀の世界に戻ってきました。
a0139088_15322812.jpg
 こうして第二次寒稽古ツアーが終了。

 昨年は第三次までやりましたが、今年は第二次で寒稽古ツアーは終了です。歳とったし、左膝がガタガタですしね。
 

# by asami-hitorigoto | 2018-02-15 15:34 | Comments(0)

第二次寒稽古ツアー その5

 2/11(日)、大阪体育大学寒稽古最終日です。
 
 4:55に道場入口で。
a0139088_16140480.jpg
a0139088_16151605.jpg
 体育館フロアに入ると、「オハヨウゴザイマ~ス~」と大声でご挨拶。
a0139088_16161901.jpg
 ランニング開始前のパフォーマンス。最終日だけにかなり凝っていましたね。
a0139088_16182930.jpg
 そして全体への気合いかけ。
 ランニングがスタート。寒稽古最後のランニング。
a0139088_16300146.jpg
 前日(2/10)まで、全日本の強化練習合宿に参加していた村上先生の姿も見えます。仁川での世界大会が今年の9月に開催されますので、それに向けた合宿ですね
 稽古後、村上先生に尋ねました。「今回の強化合宿の概要は?」
 参加者は候補選手21名(これを10名にまで絞って選手を決めるのだそうです)。最年長者は某警察の大将を務めている方。最年少者は大学生(大学生は5名参加)とのこと。


a0139088_16384470.jpg
 体操前の声かけ。
a0139088_16404434.jpg
 マンディア六段はスマホで動画を撮って、Facebookにアップしています。
a0139088_16462452.jpg
 礼式
a0139088_16514973.jpg
 神崎総監督の注意。
a0139088_16533687.jpg
 神崎先生の太鼓の合図で、打ち込み切り返しがスタート。
a0139088_16544503.jpg
 マンディア六段が小さい子を相手に元立ち。こんな年少の子は、イタリアの彼が所属している道場(講道館アレッサンドリア)にはいないので、どこまで身を低くすれば良いのか・・・大変そう。でも良い経験でしょうね。
a0139088_17003153.jpg

 終わったらハグしていました。
a0139088_17020095.jpg
 では地稽古の写真。
a0139088_17125169.jpg
 谷ー森岡の対戦の向こうに、長尾ー村上の構え。
a0139088_17324349.jpg
 浅見は掛かり稽古が始まってすぐに、大阪の花澤八段と地稽古を開始。それが7:30の終了時までお相手が次々と。80分くらい元立ちをやっていたのではなかったか?
 稽古のあと、花澤八段から「最後は後ろ姿に疲労がうかがえました」と言われました。前夜、アルコールを飲まずに早寝したのに、ガス欠でした。金・土と1日2回の稽古を2日間続けたおかげでバテていたのですね。やはり70歳になったら、1日1回の稽古にしておくべきです。

 そして作道師範の稽古姿を、面をかぶったまま撮影。
a0139088_17282505.jpg
 みなさん、この「メンすりあげ左胴」の餌食になっています。
a0139088_17230427.jpg
 上の写真に、奥に複数メンバーによる押しくらまんじゅうが写っています。これは最後の15分間、学生同士5人組をつくって、一人が相懸かりの連続掛かり稽古をやるのですが、それを他の4人がぶっつぶそうとしているわけ。でも、5人はローテーションで必ず懸かり手をやり、寒稽古の総仕上げとなっています。ゲロゲロになりますわな。

 稽古が終了して、最後に作道師範からのお言葉。
a0139088_17490796.jpg
 神崎総監督から1年生部員一人ひとりに部員名を書いた木札の手渡し。
a0139088_17520462.jpg
 全員で肩を組み、輪を作り、「体大名物」の部歌を合唱。
a0139088_21284724.jpg
a0139088_21364357.jpg

 こうして寒稽古完遂のセレモニーが終了。
 あとはお礼の挨拶や記念撮影があちこちで。浅見もみなさんと。
a0139088_21395684.jpg

 こうして今年の大体大寒稽古は終了したのですが、浅見にはこのあと別の所にて稽古が予定されています。
 このことは次のブログにて。
































# by asami-hitorigoto | 2018-02-14 17:54 | Comments(0)

第二次寒稽古ツアー その4

 大阪体育大学剣道部寒稽古、2/10(土)の午後の稽古より。
a0139088_10385024.jpg
 14:00からストレッチ運動が始まった。
a0139088_10402154.jpg
a0139088_10431878.jpg
 座禅では照明を消します。
a0139088_10452714.jpg
a0139088_10461748.jpg
 浅見は座禅はやりません。膝を固定していられませんから。撮影時以外は、暖房が効いた師範室に引っ込んでいました。
a0139088_10475327.jpg
 30分ちょうどで神崎総監督から終了の合図があり、胴と垂れを装着します。この時間帯にマンディア六段と並んで。
a0139088_10513647.jpg
 マンディア六段は2/4の朝に来日し、2/18に帰国するとのこと。滞在中は大体大の寒稽古に11日まで参加し、午後には芦屋大学へ稽古に出かけた日もあり、寒稽古後は大体大剣道部員の寮に泊まって、大阪府警の特練剣道部の稽古に通っています。Facebookに指導陣(佐藤、寺本)や現役部員と交流している写真をアップしていました。大体大と府警と連チャンで稽古するのですから、すごいスタミナですね。最強のヨーロッパ人と言えるレベルの剣道人です。
a0139088_10595956.jpg
 この日の参加者に、二刀流をやる他大学の学生がおり、自分で工夫したという珍しいスタイルを撮っておきました。
a0139088_11050411.jpg
 ガンベルトに似た「小太刀ベルト」ですね。武士は両刀とも左腰に差すので、サムライスタイルとは言えませんが。
a0139088_11064324.jpg
 自分で工夫して手作りしたという点が良いですね。

 さて、地稽古が始まります。師範の作道範士は、ストレッチの時から稽古が全部終了するまで、正座をずっと続けて見取り稽古。午後の稽古では、見取り稽古に専念していました。体がすっかり冷えきってしまうのに・・・真似できません。
a0139088_11121515.jpg
 谷八段の構え。
a0139088_11141297.jpg
 長尾八段(明治大学教授)の構え。
a0139088_11162169.jpg
 神崎総監督の後ろ姿。
a0139088_11180429.jpg
 16:05の稽古終了後にパチリ。マンディア六段は谷八段に挑んでいましたが、浅見が稽古しながらチラッと見ていると、試合のクセが出るのか、打ち間から出たり入ったり前後にしばしば動くので、稽古後に「六段として八段に挑むなら、絶対に退いてはダメ。八段の圧力に耐えるようにしなければ本当の稽古にならない」と助言した。これは浅見が大学学生時代、当時の剣道部監督であった橋本明雄先生から言われた言葉でもある。
a0139088_11261975.jpg


 浅見はこの時は、主に学生部員たちと地稽古。
 どうやったかというと・・・宿舎(セミナーハウス)の部屋の壁には、模造紙が貼り付けてあり、宿泊者が自由にメッセージを書き込めるようになっている。「雄叫び」と称してもいるようです。浅見は何をカキコしたかというと
a0139088_11333204.jpg
 このブログで以前にカキコした全剣連文化講演会の文章を活用したモノです。・・・ここにある「魔面」を多く使ってお相手しました。学生は、前の懸かり手が「魔面」の餌食になっているのを見て、浅見が何をしているか「わかった」と思ったようですが、実際にやればやはり「魔面」の餌食になっていましたね。

 この日の夜は、寒稽古最後の夜というので、OB、先生方は温泉に行って懇親会を開催することになっていました。
 しかし、浅見はアルコール漬けを回避するために(?)、懇親会には欠席して、宿舎の部屋にて一人休息。夜食はコンビニで弁当を購入して済ませ、21:00にはベッドへ。

# by asami-hitorigoto | 2018-02-14 11:45 | Comments(0)

第二次寒稽古ツアー その3

 2/10(土)の大体大寒稽古、この朝が参加者数最多。OBGもたくさん集まったが、大阪府警の特練剣道メンバーたちもごっそりと参加し、学生部員たちは鍛えられ方がハンパではない。命がけの覚悟で臨んだことでしょう。

 4:30に目覚ましをかけ、道場へ。
a0139088_16474052.jpg
a0139088_16541598.jpg
 道場入口では部員たちがお出迎えしてくれます。
a0139088_17041181.jpg
 道場内で更衣をして、それから2階のバスケット体育館フロアに階段を上がります。
a0139088_17014321.jpg
 5:15、ランニング前のパフォーマンスが始まりました。
a0139088_17111752.jpg
a0139088_17165652.jpg
a0139088_17185988.jpg
 このパフォーマンス、各学年毎に代表が出て、全体に活を入れます。
a0139088_17214309.jpg
 ウィーンから来たパンツル君もパフォーマンス係に登場。
a0139088_17243356.jpg
 そして全体に気合いをかけて
a0139088_17281131.jpg
 ランニングが10分間。
a0139088_17421663.jpg
a0139088_17401475.jpg
 最後尾近くはOB、外来の先生方と続きます。
a0139088_17480329.jpg
 OBの重鎮、花澤八段も走ります。
a0139088_17562863.jpg
 ラストダッシュ。
a0139088_17584198.jpg
 体操前の「さあ~みんな~~、元気だしていこ~~~う」の発声。
a0139088_18055896.jpg
a0139088_18013563.jpg
 そして体操
a0139088_20422037.jpg
 素振り
a0139088_20473121.jpg
 素振りのあとは、気合い出し
a0139088_20591310.jpg
 礼式
a0139088_21074108.jpg
 右が先生・先輩方。1人の元立ちに懸かり手が2人という比率ですね。もちろん先輩方には懸かり手となって、自らを鍛える方々もいます。
 神崎総監督からの注意。
a0139088_21184399.jpg
 そしていよいよ稽古開始。
 切り返しは、打ち込みをやってから(本数は元立ちの決めること。この段階で体当たりのぶちかましから前後左右への振り回しなどヘロヘロにする元立ちがいる。あっちでゴロゴロ、こっちでフラフラが生じている)、左右面の切り返しを元立ちが良しと思うまで何回でも何往復でも続ける。これが30分ほどやり続ける。
 OBでもある現役警察官の特練のメンバーの学生の鍛え方はハンパではない。スゴイネ~としか言いようがないね。しかも学生たちは、最もキビシイタイプの元立ちに、恐れを見せずに果敢に挑んでいく。良き伝統が生き続けています。
a0139088_21291176.jpg
 谷八段、キツいだけではありません。子どもの打ちを引き出す姿に注目。
a0139088_21515335.jpg
 他にも、O府警のO選手の元立ちでも、お相手への気配りがあります。
a0139088_21584525.jpg
 元立ちは多士済々です。
a0139088_22092748.jpg
 少年剣士も吹っ飛ばされていました。まだ切り返しの段階だったはず。
a0139088_22272127.jpg
 こちらの元立ちの配慮姿も素晴らしい。
a0139088_22415283.jpg
 掛かり稽古では、谷八段と府警O選手との激突が目につきました。
a0139088_22480238.jpg
 マンディア六段も元立ちとして4年生部員を圧倒。学生は疲れ切っているからね。
a0139088_22531700.jpg
 地稽古は40分間。浅見も元立ちをしたので、写真はナシ。
 この時は浅見は、谷、辻田、神崎というジャンボサイズと立て続けにお相手。的がでかいから、当てるのは簡単・・・とはいかなかった。ま、いいか。

 稽古後、骨密度を測定する資料収集が行われていました。
a0139088_22593434.jpg
 浅見も被験者として協力。左足の方が骨密度が高いというデータでした。しかし、剣道人の傾向は、右足の方が高いというのです。浅見は剣道人ではないのか?

 稽古後、食堂前で一息入れている関東から参加していたメンバーたち。
a0139088_23053835.jpg
 遠路、ご苦労様。
 関東よりもっと遠い岩手からの参加者は何と言われるんだろう?・・・「モノズキな」とか。

# by asami-hitorigoto | 2018-02-13 23:07 | Comments(0)

第二次寒稽古ツアー その2



 大阪体育大学での寒稽古、2日目(2/9)の午後2時からの様子。
a0139088_15522908.jpg
 道場内にある置物に目が行きました。
a0139088_15545281.jpg
 午後練は、「ストレッチ、座禅、体操、素振り、地稽古」で2時間です。
a0139088_15594756.jpg
 座禅では、最後列は先生や先輩たちが並んで座っています。前列でみんなの方を向いて座っているのは4年生やリーダーたち。
a0139088_16013422.jpg
 おしりの下には座布として剣道着などを畳みこんでいます。
a0139088_16050575.jpg
 約30分の座りが終わり、胴と垂れをつけて体操へと。
 朝の稽古に続いて、ご両人ともこの日、2回目の稽古をやる気満々?
a0139088_16111905.jpg
 そして地稽古へ。大体大では、稽古においては学生部員たちの面紐の色を表のように分けています。
a0139088_16193697.jpg
 この午後の稽古はちょっと時間が延び、地稽古終了は16:15。

 夜の食事会(会費制)の様子も。
a0139088_16290160.jpg
 今回の寒稽古には、イタリアからファブリッツォ・マンディア六段も参加しており、彼はこの寒稽古には3回目の参加だったか。
a0139088_16312925.jpg
 神崎総監督による鍋奉行。
a0139088_16361227.jpg
 21:00にはお開きとなりました。
 セミナーハウスに戻り、部屋にてPCを使って写真の整理とFacebookへのアップの作業をして、22:00には就寝。

 2/10(土)のことは次のカキコで。

# by asami-hitorigoto | 2018-02-13 16:40 | Comments(0)

第二次寒稽古ツアー その1

 2/8(木)、雪の降っている中、盛岡から新はなまき空港まで自家用車で60分。
 12:30発(15分遅れで12:45発)の便にて伊丹へ。
a0139088_12190158.jpg
 岩手は雪の世界。
a0139088_12200038.jpg
 伊丹からは空港リムジンバスで天王寺へ。天王寺からはJR紀州路快速を使って熊取駅へ。駅から大阪体育大学へはタクシーを使い、到着したのは16:30。午後の稽古は16:00には終わっていたので、もし稽古をやりたいのなら、花巻を午前中に発つ便でなければダメ。すると雪降る中、通勤ラッシュの道路を車で走らなければならない。そんなアブナイ?事はしたくないからね。ムリに稽古をすることもないから。
a0139088_12264107.jpg
 宿泊は構内にある大学のセミナーハウス。3階に一部屋を占有していただいています。
 夜は先生方と食事会。浅見は赤ワイン2本を手土産に持参。これを持参することが今回の参加の主目的。
a0139088_12295804.jpg
 右から神崎、浅見、作道、太田の各先生方。
a0139088_12312207.jpg
 この席では太田八段が絶好調でした。神崎先生も苦笑い?
a0139088_12322730.jpg
 2月9日(金)、4:30に起床。道場へ着替えに行きます。
a0139088_12340777.jpg
 女子学生部員たちがお出迎え。
a0139088_12345319.jpg
 5:15からワッショイのかけ声と共にランニングがスタート。
a0139088_12354130.jpg
 神崎総監督もランニング。
a0139088_12364737.jpg
 集団の先頭は男女の新主将。
 海外(イタリア、オーストリア、台湾)からも参加。
 準備運動前の声出し係。
 みんなも応えて「オ~ウ」
a0139088_12450455.jpg
 体操、素振りへと。
a0139088_12460922.jpg
 学生は学年別に面紐の色を区分けしています。
a0139088_12481596.jpg
 男子4年生部員たち。
a0139088_12491128.jpg
 参加している子どもたちの保護者には毛布の席が用意されています。
 素振りのあとは、気合い出し。
a0139088_12523217.jpg
 そして礼式。すぐに切り返しがスタート。浅見も面をつけて元立ちを務めたので写真はナシ。

 掛かり稽古は40分間。浅見は膝の不安から元立ちを回避してカメラマン。でも、途中でバッテリー切れを起こしてしまい、途中で写真切れ。
a0139088_12552763.jpg
 イタリアのマンディア六段も、今年は元立ちをやっていました。
a0139088_13014968.jpg
 例の如く、メンナシでやっている姿も。
a0139088_13031210.jpg
 地稽古も40分間。浅見も再度元立ちへ。
 稽古終了は7:30、作道範士は最後のお相手は大体大なぎなた部員と。異種稽古をされていました。


 カキコはここまで。
 
 カキコしていたら、群馬の谷八段ご一行が到着。挨拶に部屋に来られました。
 稽古が賑やかになりますね。

 あと1時間したら午後の部、座禅がスタートします。浅見は座れないからカメラマン役かな。

# by asami-hitorigoto | 2018-02-09 13:06 | Comments(0)

寒いネー

 しばらくぶりのカキコです。

 第一次寒稽古ツアーが終わってから半月経ちました。
 この間にあったこと。

1.寒稽古を終え、盛岡に帰ってから左膝が上がらなくなり、左足に力をかけることができず、疲れが貯まっている感覚。オーバーワークのなせる技。
2.風邪を引いた。咳と鼻水が止まらなかった。熱は出なかったけどネ。1/18~23の5日間、運動を休んだ。もちろん稽古も。
3.1月後半は低温の気候が続いた。橋市道場も、市立武道館でも稽古参加者が激減。
4.稽古で鍛えることができず、散歩ばかりになった。
5.1月の月末頃から左膝が寒稽古ツアーの前程度の状態に回復してきた。稽古をタップリできなかったから、かえって良い休養となったみたい。
6.2/2、今朝の散歩は今冬一番の冷え込み。氷点下10度以下でしたね。

 今は左膝が持ち直しつつあるかな?
 稽古の時、蹲踞をやってみようという気になっているからね。でも蹲踞するとぐらつくし、立ち上がるのが一苦労。寒稽古ツアーの時は、蹲踞にならず中腰姿勢だったことを思えば、だいぶ好転しているね。


 さて、2月には・・・第二次寒稽古ツアーを予定しています。

 2/8(木)に岩手から伊丹空港に飛び、大阪体育大学剣道部の寒稽古に参加します。午後は2時から座禅(浅見はやらないけど)と地稽古。朝は5:30~7:30の1日2回。
 2/11の朝稽古まで参加します。
 2/11は朝稽古終了後、大阪大学へ移動します。2/12(祝)に9:30~11:30の大阪大学剣道部稽古会に参加して、同日14:00発の飛行機で伊丹から岩手に帰ります。


 第一次の経験を活かして、膝がぶっ壊れない程度にやるつもりですが、どうなりますか???


# by asami-hitorigoto | 2018-02-02 15:21 | Comments(0)

松風館にて高崎先生のお祝い

 1・14(日)16:00過ぎから道場内にて高崎範士の95歳誕生祝いと、全剣連からの剣道功労賞受賞のお祝い会が開催されました。
a0139088_10503957.jpg
 岩立範士の挨拶からスタート。
a0139088_10530226.jpg
a0139088_10555509.jpg
 テーブルの上の料理の数々は、松風館道場の女性会員による手作り料理。
a0139088_10593437.jpg
a0139088_11024825.jpg
a0139088_11050974.jpg
 高崎範士から御礼の言葉。
a0139088_11075667.jpg
a0139088_11112524.jpg
a0139088_11142797.jpg
a0139088_11222910.jpg
 この日、初めて訪問したM嶋七段と出版予定の本の紹介もなされました。
a0139088_11252038.jpg
 乾杯の挨拶は篠塚範士。
a0139088_11273684.jpg
 花束贈呈。
a0139088_11391339.jpg
 こうして祝賀会は和気藹々と進行しました。

 浅見は18:00に道場を中座して、盛岡へ。
 第一次寒稽古ツアーはここに終了。

 1/18辺りから咳が出て、鼻水が止まらなくなり風邪の症状が出始めた。今日(1/21)ようやく沈静化しつつあります。おそらく寒稽古ツアーの疲労のために身体の抵抗力が弱まり、風邪の症状が出たモノと思います。
 でも、朝の散歩も取りやめ、布団の中で安静にしていたので、左膝の疲れが取れてきた感じもある。ケガの功名?
 これでまた遠間からメンに跳べるようになるかしら?

 いずれにしろ、年齢を考え、鍛錬も程々にしないとね。

# by asami-hitorigoto | 2018-01-21 11:45 | Comments(0)

第一次寒稽古ツアー その6 松風館道場

 1/13(土)は第二土曜日。10:00から6段以上の参加者による月1回の月例稽古会。

 10:00になる前から参加者の集合写真をとることになった。
a0139088_13594253.jpg
a0139088_14043543.jpg
 皆さんの前には、高崎範士の功労賞をたたえる賞状と盾。
 体操
a0139088_14074619.jpg
 素振り
a0139088_14100331.jpg
 高崎範士も一緒に。
a0139088_14114005.jpg
a0139088_14131390.jpg
a0139088_14155543.jpg
 浅見はカメラマンになっていたので、上座には座っていません。
 そして七・六段の方々による回り稽古がスタート。
a0139088_14424735.jpg
 この回り稽古が30分ほど続き、10:40からは八段以上が元立ちで地稽古。これが12:00まで。元立ちは80分間の立切。95歳になる高崎範士も60分間も元立ちをしておられた。
 浅見はこの日は朝稽古ナシ、1日1回の稽古ということもあり、比較的快調。でもお相手の出てくる所を活用しての仕留め方は、今までと同じ。左膝は力が入らないので蹲踞ができず、お相撲さんの四股を踏んだような形でやりました。80分の立切のあとはさすがにグッタリ。

 おそば屋さんで昼食をとり、浅見は埼玉の実家へ。家の中は寒かった。
a0139088_15212838.jpg

 1/14(日)は、いつもなら16:00から稽古なのだが、この日は特別に14:00から15:30まで稽古。そのあと、道場内にて高崎範士の95歳の誕生祝いと、全剣連からの剣道功労賞受賞の祝賀会が開催されました。
 集合写真、4回に分けて撮ったほどたくさんの方々が参加されました。
 稽古前の様子から。
a0139088_15175222.jpg
 集合写真、まずは八段以上のメンバー。
a0139088_15243726.jpg
a0139088_15282738.jpg
 準備運動では、人数が多すぎて竹刀を持ってはできないほど。
a0139088_15332078.jpg
 稽古は七・六段同士の回り稽古、2分ずつを10回。
a0139088_15471701.jpg
 そして八段以上の元立ちで地稽古が15:30まで。11人が元立ちに立つと、試合場1面だけの広さの道場では、ギッチギチ。
 浅見はこの稽古では、カラダがガタガタ、疲労感に覆われていて良い出来ではありませんでした。
a0139088_15503536.jpg

 この後、道場内を祝賀会場として。続きは次のブログで。





























# by asami-hitorigoto | 2018-01-20 16:00 | Comments(0)

第一次寒稽古ツアー その5 天理大学寒稽古(3)

 1/11(木)天理大学では朝稽古2時間、夕方稽古1時間の1日2回の稽古。

 朝稽古では、前日のオーバーワークを反省して、浅見は6:30の切り返しの途中から面をつけ、OBのM氏を相手に地稽古のお相手。M氏は6:45に稽古を切り上げ、勤務先に向かうというので。M氏とは3日間連続で、学生は切り返しの真っ只中であったが、二人で地稽古を堪能。
 浅見はM氏とのお相手を終えて、打ち込み稽古と掛かり稽古の元立ちからから学生のお相手。学生の動きは速く激しいので、煽られてしまうことが多い。ついついその気になって打ち合いに挑んで自分で息を上げていた。
 後半の地稽古タイムでは、Y先生、K先生の他に、OBである武道具店主さんともお手合わせ。学生とも激しく稽古。
 終わる頃には、左膝が持ち上がらなくなった。もちろん正座と蹲踞はできないので、最後の静座(天理大学では「めいそ~う」と号令している)が苦しいね。 

 学生はこの日から授業も開始となり、先生方も朝稽古後、慌ただしくコンビニお握りとカップ麺での朝食。浅見もご相伴。
 K先生は1コマ目から、道場で体育学部の学生を対象とした「剣道」の授業を担当されていた。カワイソウね。

 浅見は宿舎に戻り、布団の中へ。

 1:00頃に宿舎の詰所前にある食堂にてスタミナラーメン。体育学部がすぐ近くなので、量がタップリ。前の日はカツ丼定食だったが、稽古前まで腹にもたれたからこの日は麺類にしました。
a0139088_17542938.jpg
 昼食後、天理大学体育学部周辺をパチリ。
 まずは泊まっていた詰所の建物。
a0139088_18002562.jpg
a0139088_18040308.jpg
 体育学部沿いにある交差点にお地蔵さんが祀られています。
a0139088_18054807.jpg
 このお地蔵さんの後ろにある建物が、大学体育館です。
a0139088_18125279.jpg
 体育学部正門前から。左手奥が武道館。
a0139088_18151569.jpg
 こちらが武道館。1階が剣道場、2階が柔道場。
a0139088_18183516.jpg
 剣道場内部。
a0139088_18204378.jpg
 午後のこの時の稽古では、左膝の力が抜けている感じ。踏み切る力が感じられない。
 そこで工夫したのは、剣道文化講演会で語られていた「究極の一刀」(以下引用)

相手の振り下ろす太刀の下に身を入れ=身を捨てて入り込み、相手の振り下ろしを無効にして(切り落とす)制する)へと変遷したのは、武士の矜持(身を捨てて大儀に生きる勇者、身を捨てて公務にあたる武士のあるべき姿)を象徴する剣術独自の技芸=究極の一刀として独立化が図られたとし、自らの身を投じて、相手に先手をとらせ、後の先で勝つことを研鑽したという。

 上記の赤文字部分を、竹刀剣道で活かせないかという工夫。
 「入り込み」によって相手が面に打ち込んでくる。それを相手の竹刀の下から合わせに行くのだが、同時に竹刀をすり込むように前に出しながら正中線をとる。
 これによって相手の竹刀が(自分の左肩側に)すり落とされ(流れ)ていき、自分の竹刀に相手の面が当たりに来るような感じで面を打つ。

 これの試行錯誤を繰り返してみた。
 お相手の面打ちのタイプが色々とあり、全ての人に有効とまではいかない。それに失敗するケースも度々ある。とくに間合の見極めにバラツキが出るようです。
 それでもお相手の力を利用して打つので、左膝に力がなくても面打ち勝負は可能でした。

 でもやっぱり、稽古が終わったあとはグッタリ。1日2回の稽古は現状ではちょっとムリというのが確認できた。

 夜はY先生、K先生と3人で天理の街中へ。
 餃子って、関西のはサイズが小さいのね。

 そこを出たところ、三年生部員とバッタリ。改めて古い中華食堂へ。チャーハンで夜食。
 三年生部員たち。
a0139088_18375141.jpg
 この夜が天理での最後の夜。
 
 1/12(金)、翌朝の朝稽古。
 すでにバテきっていると自覚があったが、誰とやっても最後に一本打たれて(打たせたわけではない)終了。
 地稽古でトップに掛かってこられたK先生には、竹刀を巻き上げられ、手から竹刀が消えてしまったところをメンと打たれ、諸手突きを喉元にグサリと一本をやられてしまった。
 Y先生とも延々と地稽古。ネチコイ。はじめは、どこをどうやっていったら良いのか見当もつかなかったね。

 天理では、良い稽古をたくさんいただきました。感謝申し上げます。

 稽古後、Y先生に駅まで送っていただき、10:20発の奈良行きの電車に乗った。
 奈良から京都へ。
 京都から東京へは新幹線。途中、車窓からパチリ。
 浜名湖。
a0139088_18473430.jpg
 富士山
a0139088_19473725.jpg
 こうして東京駅に戻り、京浜東北線で南浦和へ。武蔵野線に乗り換え、武蔵浦和から中浦和へと移動。

 O先生のAPに到着。
 O先生も埼大の寒稽古がこの日で終わったところ。
 二人ともバテバテ状態。そこでスーパー銭湯(戸田市内)へと向かい、マッサージ器の試行に便乗。疲れを解きほぐして・・・だけど左膝は力が入らないね。

 残りの寒稽古ツアーは週末の土・日の松風館の稽古を残すのみ。続きは次のブログで。

  


# by asami-hitorigoto | 2018-01-19 19:56 | Comments(0)

第一次寒稽古ツアー その4 天理大学寒稽古(2)

 さて1/10(水)の午後の天理大学での稽古は16:00から17:00までの1時間。

 この稽古には、前もって連絡をしていたゲストが稽古に来ることになっていました。
 このゲストを迎えるにあたって、浅見は盛岡から自宅にある秘蔵のイタリアワインを宅配で届けておいたほどの気の使い方。
 昔からの知り合いです。

 ゲストはこちら。
a0139088_14384717.jpg
 ブラジルでの世界大会で、日本チームの総監督を務められたこともある井上茂明範士(浅見のブログでは「重戦車範士」とカキコしていた)。天理大学は奈良県内にありますが、井上範士は元奈良県剣道連盟会長をも務めていました。
 浅見とは、学連稽古会(学生の大会で、試合前日のOB稽古会)にて稽古をお願いするようになってからのお付き合いでした。一緒にイタリアに同行したことも二度ほどあり、今では井上範士は一人でイタリアに剣道指導に毎年お出かけになっています。それゆえにイタリアワインを稽古後に楽しめるように手配をしていたわけ。

 稽古では地稽古のみ。稽古中の写真はナシ。
 トップに掛かっていったのは若手のK先生。一本も取れずに最後は打ち込み稽古。
 二番目はY先生。この先生が掛かっても、やはりペースは範士が握り、まるで壁が立ちふさがっているようです。
 この二人の先生との稽古をジックリと眺めながら、範士のエンジンがかかってきたのを確認してから浅見が三番目にお願いしました。結果は・・・
 読者ご自身でも掛かってみてね。

 この稽古のあと、稽古後半に浅見が学生のお相手をしていた所、範士から二度目の稽古を挑まれ、始まってすぐに近間での擦り上げ小手を頂戴したところで範士は蹲踞。あれ、勝ち逃げじゃ~~~

 稽古後、天理駅前で第二道場。井上範士、K先生、Y先生、浅見の4人で。
a0139088_15043093.jpg
 持ち込んだ赤ワインがこれ。いずれも浅見が過去にイタリアで入手したモノ。
a0139088_15082333.jpg
 お店のマスターにも一杯飲ませたところ、「美味しい」と感激。マスターがiPadで調べたら、この内の1本は、日本国内では40000円という値がついているとのこと。浅見もそんな値段だったとは知らなかった。
 この席で飲んでいただいたのは早計だったかな? 確かにこのボトルはハレの日に飲むもので、普段飲みするレベルのワインではないとは言われていたけどね。ま、いいか。4人とも、「これはウマイ」と値段を知る前から言っていたからね。喜んで飲む、良い仲間であればより美味しくなるのがワインですから。
 
 この後、範士が奈良への電車に乗るのを見送り、残った3人で夜食。前夜の失敗(飲み過ぎ)を踏まえ、やり過ごさないように用心して。

 宿舎に戻り、布団に入ったのが22:30。健全な生活ペースでした。

 でも1日2回の稽古をしたので、浅見にはオーバーペース気味の1日でした。

 翌日のことは次のブログで。

# by asami-hitorigoto | 2018-01-17 15:18 | Comments(0)

第一次寒稽古ツアー その3 天理大学寒稽古(1)

 1/9(火)朝に埼玉大学で寒稽古をこなし、JRを使って、北浦和⇒東京⇒京都⇒奈良⇒天理と乗り換え、15:55頃に天理大学体育学部構内にある武道場一階の剣道場に到着。

 17:00~18:00に地稽古の稽古。本来なら16:00~17:00の予定だったが、先生方が入試センター試験の説明会があるため、1時間遅らせてスタートさせたので、浅見も時間的には余裕を持って参加。

 天理大学剣道場にある大太鼓。
a0139088_12345621.jpg
 道場内は凜とした雰囲気。三年生以下の部員たちで稽古。
a0139088_12463871.jpg
 浅見は天理大学寒稽古には47歳の時から毎年参加していたが、昨年のみ、日程が早まったため予約していた航空券の日程と会わずに欠席。今年はJRで移動したので関東と関西の二股をかけた寒稽古ツアーが実施できました。

 関西地区の寒稽古では、稽古が1日に2回(早朝と夕方)あり、盛岡から経費をかけて出張るのであれば、稽古の機会が多い方が良いということで足を伸ばしてきたわけです。それに1日1回の早朝だけの稽古では、朝稽古のあと、日中の過ごし方が問題。ヒマでヒマでどうしようもない。宿舎でゴロゴロしているだけになりがち。遠出の意義が薄れることがしばしば。こうしたことも関西に来る意味もあります。それに盛岡では正月早々から自分を鍛え上げるような稽古をする道場がないですからね。
 ただし、問題は浅見のカラダ。膝が壊れているのでどこまで耐えられるか、やってみなくちゃわからないこと・・・実際には、ぶっ壊れが進行して左膝に力が入らず、腿上げの運動や、座った状態から立ち上がる際に左足を支えることが、できなくなるほど悪化してしまった。「自業自得、年寄りの冷や水」と言われても致し方ナシ。
 三年生幹部が前に立ち、声かけをしながら準備運動と素振りを実施。素振りでは下の写真のように、拳の位置、剣先の位置がしっかりと打ち切った所まで振り切っています。さすがに剣道専門家の卵(ごついけどね)たちです。
a0139088_12492974.jpg
 こうした部員たちと面打ち勝負、一歩も退かずに稽古するのは勉強になります。185cmの長身一年生には、面に合わせられると乗り負けました。(翌日は気を張ってやらないとね)
 天理大学剣道部を直接指導されているのはY先生とK先生。このお二人は稽古の最初に浅見に挑んでこられます。気が抜けません。

 稽古後、第二道場。主将と副主将も同席。
a0139088_13033677.jpg
 洋風にチーズと赤ワインでスタート。
a0139088_13065749.jpg
 誰がこんなに飲んだんでしょうか?
a0139088_13093908.jpg
 これだけでなく、「●乃寒梅」なんぞも空いたようですし、第二道場から駅近くのうどん屋へ移動して、うどんの他に焼酎までやったのが大間違い。

 翌朝(6:00~8:00)の朝稽古では、浅見もY先生がたも「ボーッ」としたまま。
 稽古中の写真ナシ。

 朝稽古のメニューは、5:50から道場内をワッショイのかけ声とともにランニング10分。
 6:00から体操と素振り。
 6:10から切り返しが30分間。
 6:40から打ち込み稽古(中には掛かり稽古風にやっている元立ちも)を20分間。
 7:00から掛かり稽古を20分間。(打ち込み稽古との違いは・・・道場内で転がっている姿が多くなる)
 7:20~8:00に地稽古40分間。

 浅見はこの朝は切り返しの最初から面をつけて元立ちスタート。途中、勤務のために早引きするOB2名と地稽古(6:35~6:45)のお相手を特別サービスで挿入。地稽古時間には、お二人の先生の他、OBの方とも稽古。学生とも時間いっぱいまで稽古。

 稽古が終わったあと、脱水症状が起きたのではないかと思ったほどフラフラ状態。参りました。
 アルコールは水分のようだが、実際には脱水症状を引き起こす上に、稽古で大汗をかくのでたまりません。途中で水分補給が必須のことなのに、それができずに8:00までやってしまった。ハンセイ!
 膝の具合もおかしくなり出しました。

 稽古後、武道館前にて。お世話いただいた一年生部員とK先生。
a0139088_13245125.jpg
 朝食は先生方と一緒に天理市内のレストランへ車で移動。
 食後は宿舎に戻ってバタンキュー。
 宿舎となった天理教詰所。
a0139088_13304973.jpg
 次のブログは、午後の稽古から。

# by asami-hitorigoto | 2018-01-17 13:31 | Comments(0)

第一次寒稽古ツアー その2 埼玉大学寒稽古

 1/8(月・祝)、昼過ぎにJR神田駅から京浜東北線で北浦和駅へ。到着は12:50頃。

 駅に到着して、埼大名誉教授のO先生の携帯電話に到着を連絡したが、音信不通状態。「はて、どうしたんだろう?」
 「ま、いっか。」キャスター付き防具バックを引きずり、背中にはリュックを背負い、片手に4本入りの竹刀袋をもってはいたが、北浦和駅から埼大の校門まで歩いて行くことにした。「ま、30分くらいなら前夜も歩いたし(防具バックは宅配便で送っていたので持ってはいなかった)、長くても40分あれば着くだろう」と腹づもり。

 これが大きなミス。読み違い。

 歩けども歩けども、同じ風景が延々と続く。その内に雨粒が落ちてきた。30分歩いても校門前の信号の影も形も見えてこない。
 さすがに40分歩くと、汗が流れ落ち始めた。体中グッショリ。朝に筑波大学で稽古したのに、まだまだ汗が出てくるとは・・・

 ようやく埼大の正門をくぐったのが60分歩いたあと。あとで聞いたら、「埼大の剣道部員で、北浦和の駅から大学まで歩いてきたという者はいない」とのこと。
 盛岡での毎朝の散歩では、1時間半ほど歩いているが、大荷物と一緒には歩かない。汗が流れ落ちるはず。

 埼大の剣道場を覗いたが人影は皆無。
 入口脇にある師範室は鍵が掛かっていなかったので、そこに入って汗を拭き取り、下着も替えてグッタリ。14:00に大学構内にあるコンビニでお弁当を購入し、師範室にて独りでモグモグ。
 そのまま師範室にて小説読みをしながらO先生が来るのを待っていたが、音信不通状態のまま。

 17:00頃になって、剣道部員が道場にやって来て、やはりO先生とは連絡が取れないという。「何があったのか?どこかで倒れているのでは?」と思った。

 合宿所の2階にある部屋は暖房が効いているとのこと、そちらに移動し、早速布団の中で一休み。寝込んだようで、枕元に置いた携帯電話の呼び出し音に気づいたのが20:00。O先生の奥様からで、「携帯電話を置き忘れていたので届けに来たが、主人がどこに行ったのかまだ会っていない」とのこと。
 そこでO先生との顔合わせはあきらめ、雨の降る中、傘を貸してもらって構外の食堂へ夕食をとりに独りで出ました。アルコールは口にせず(これで二晩続けてノン・アルコール)食事を済ませ、21:30には合宿所の部屋に戻り、布団の中へ。

 22:30になって、ようやくO先生が登場。携帯電話を持ち歩かなければ、どうにも連絡のとりようがなかったとのこと。
 お仲間たち(同窓のT先生と、G大の某氏)と一緒に「一杯やりませんか?」と言われたが、「もうこのまま寝る」と。
 O先生とお仲間たちは師範室にて1:00頃までやったらしいです。「学生にあとで、先生すんごくクサカッタデスといわれてしまいました」とさ。


 さて、寒稽古。埼大の寒稽古は5:00開始で7:00までと、他の大学よりも早い時間帯に実施しているので、合宿所に寝起きしていたとしても4:15には起き出しました。
 何故、こんなに早いのかというと、大学の周囲の地区との連携を強める事業の一環として寒稽古を実施しているので、子どもたちやお勤めを持つ大人の方々でも、稽古後に学校や会社に間に合うよう早めの時間帯に実施しているから。

 では写真で紹介。
 埼玉大学剣道部員の名物はデコ胴(デコレーション胴)。成人式を迎えるメンバーのデコ胴はギンギラギン。でも今回は遭遇しなかった(成人式に出席のため、7人の二年生はこの日の朝だけは姿を見せません)ので、三年生部員のデコ胴のみ紹介。名前も出ちゃうけど。
a0139088_16062249.jpg
a0139088_16084638.jpg
a0139088_16112934.jpg
a0139088_16123843.jpg
 さて、5:00になりワッショイのかけ声と共にランニングが始まりました。
a0139088_16145766.jpg
 この日は平日、三学期が始まったので参加者及び保護者の人数がグッと減ったようです。学生は二年生7人が抜けて、学外者が減ったので掛かる側としては大変ですね。先頭の10人ほどが埼大生。あとは学外者が続いています。
a0139088_16194261.jpg
 そして準備運動と素振りへと続くのですが、ここでも埼大剣道部の特徴が出てきます。
a0139088_16231729.jpg
 一連の体操のあとは、相撲の四股踏み。これが長々と続きます。上級生の足は良く上がっています。
a0139088_16252387.jpg
 良い足腰の鍛錬になります。
a0139088_16313398.jpg
 さすがにリーダー、高く足が上がります。
 真似してみましたが、足が水平の高さまでとてもじゃないが上がりませんでした。脱帽!
 前列の大学生と、後列の小中学生たちの足の高さがはっきりと違いますね。
a0139088_18082480.jpg
 素振り
a0139088_18114453.jpg
 O先生
a0139088_18142084.jpg
 O先生の朝の言葉。
a0139088_20135286.jpg
 愛知県のT先生からのお言葉。O先生とは柳生流つながりかな。3日間滞在して埼大寒稽古に参加されたとのこと。
a0139088_20154606.jpg
 基本打ちの時間。
a0139088_20180644.jpg
 切り返しの時間
a0139088_20201801.jpg
 このあと掛かり稽古の時間、そして地稽古の時間。
 最後に「竜田川」と称する跳躍素振り連続100回。これで7:00となります。

 浅見は切り返しから面をつけて元立ちをやりました。稽古自体は、ノンアルコールが続いていたので快調でした。

 稽古後の朝食は、剣道場にて剣道部員と一緒にコンビニ弁当をいただき、ストーブで温めてある甘酒をも頂戴しました。疲れた身体に美味しかったです。

 大学からはO先生に車で北浦和駅まで送っていただきました。
 東京駅10:33の新幹線で京都へ。乗り換えて奈良へ。また乗り換えて天理駅へ到着したのが15:55頃。
 天理大学剣道部員が16:00に迎えに来たそうですが、15:55にはまだ姿が見えなかったので、浅見はまたも駅から天理大学剣道場まで大荷物を抱えながら徒歩にて推参。でも10分で到着だったので歩いても楽ちんでした。
 良く歩く寒稽古ツアーだなと・・・・今日はここまで。

 次のカキコは天理でのことを。











 

# by asami-hitorigoto | 2018-01-16 20:34 | Comments(0)

第一次寒稽古ツアー その1

 昨夜(1/14)、8日ぶりに盛岡に帰り着きました。

 8日間の稽古で、左膝が上がらなくなり、オーバーワーク?の所為ですね。1日2回の稽古に耐えられなくなってきたのかも。

 ではツアーの概略を紹介します。今回は鉄路を使っての移動です。

1/7(日)盛岡駅を12:50の新幹線で出発。松風館に到着したのが16:00。地稽古での元立ちは16:30から60分間。稽古後、左膝はまだ大丈夫。師範室にて岩立範士とパチリ。
a0139088_15265068.jpg
 19:00頃に松風館を出て、新松戸駅近くの●屋にて夕食。南流山駅にてつくばエクスプレスに乗り換え、つくば駅へ。駅から筑波大学合宿所まで、リュックを背負い竹刀バック(4本入り)を手に、テクテクと夜道を30分歩いて行きました。
 合宿所に泊まるOBは3名しかおらず、1室に同室。でもどこにも出かけずアルコール抜きでベッドに入ったのが21:30。早寝早起きを心がけました。

1/8(月・祝)は5:00に起床、筑波大学のこの朝の寒稽古は6:00~8:00と予定されていました。ただし、剣道場は天井を修理する工事に取りかかっており、使用できないのでバスケットボール用体育館にて稽古を実施です。
a0139088_15355454.jpg
a0139088_15370917.jpg
a0139088_15382072.jpg
a0139088_15394438.jpg
a0139088_15412748.jpg
a0139088_15431672.jpg
a0139088_15451707.jpg
a0139088_15464492.jpg
a0139088_15504868.jpg
a0139088_15530717.jpg
a0139088_15551127.jpg
a0139088_15564432.jpg
a0139088_15591474.jpg
a0139088_16032087.jpg
a0139088_16052619.jpg
a0139088_16073719.jpg
a0139088_16105089.jpg
a0139088_16133407.jpg
a0139088_16162885.jpg
a0139088_16181151.jpg
中央は佐藤範士と谷八段の地稽古
a0139088_16200384.jpg
浅見対長尾八段(明治大学)の地稽古
a0139088_16231364.jpg
a0139088_16295208.jpg
a0139088_16321280.jpg
a0139088_16344897.jpg
a0139088_16370801.jpg
a0139088_16382812.jpg
浅見と大学同期の末平範士と
a0139088_16403026.jpg
有名剣士と一緒に
a0139088_16414145.jpg
こちらは手作りの汗取り
a0139088_16475017.jpg
a0139088_16502282.jpg
朝稽古のあと、五行の形の研修会がスタート
a0139088_16533618.jpg
a0139088_16581703.jpg
a0139088_17011090.jpg
a0139088_17060456.jpg
浅見は五行の形は観ているだけです。
a0139088_17114715.jpg
 研修会のあとは、武道館2階の会議室にてOB会(茗友会)の総会が開催され、それに浅見は出席。
 総会後は茗友会理事長の百鬼先生の車でJR神田駅まで送ってもらいました。
a0139088_17163153.jpg
 次の目的地は埼玉大学。
 続きはその2で。

# by asami-hitorigoto | 2018-01-15 17:18 | Comments(0)