前顧問のブログです
by asami-hitorigoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
最新のコメント
忘れ物のぬいぐるみが可愛..
by rosewin2017 at 02:41
久しぶりのツマです☘️ ..
by thetareikituma at 16:05
浅見先生 寒稽古お疲れ様..
by shiraishi at 10:57
秋田のナツイです。 浅..
by ナッチャン at 09:59
お疲れ様でした。 しば..
by カジパ at 17:11
浅見先生、寒稽古頑張って..
by のび太 at 20:43
こんばんは。 我が県の..
by のび太 at 22:50
ブログも、Faceboo..
by マニアックM at 20:40
お久しぶりです。海外指導..
by thetareikituma at 01:06
感度良好! 日本でも、..
by マニアックM at 06:41
メモ帳
検索
最新の記事
時差ボケ中
at 2018-06-24 17:21
6/5に到着してから
at 2018-06-08 16:36
高校総体岩手県予選団体戦の結果
at 2018-06-03 16:11
高校総体岩手県予選個人戦の結果
at 2018-06-02 18:47
6月・・・カラダがガタガタ
at 2018-06-01 22:22
5月後半の花々
at 2018-05-21 22:20
東北学生剣道選手権大会
at 2018-05-13 20:43
鳶のカップル
at 2018-05-08 22:03
野生のキジのカップル
at 2018-05-06 15:53
5/4 桜の次は梨、そして..
at 2018-05-04 20:34
3/14 イタリア21日目 ..
at 2018-04-29 22:47
3/13 イタリア20日目 ..
at 2018-04-29 15:31
3/13 イタリア20日目 ..
at 2018-04-28 19:17
3/12 イタリア19日目 ..
at 2018-04-27 22:55
雉子もお花見
at 2018-04-26 22:50
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


時差ボケ中

 6/20に帰宅でき、それからは時差ボケで連日フラフラ状態。

 昨日(6/23)橋市道場で、東京から来盛した学連OBGの集まりである(らしい)「阿吽の会」28名が、県内の有志を含めたメンバーたちと稽古会を実施。
 この稽古に浅見も参加しましたが、昭和45年3月卒(浅見と同じ)のメンバーが最高年齢であり、8名が該当。TK大OBである浅見も元立ちをやることになった。
 地稽古時間は15:30~16:30の60分間。W大OBのK八段、H大OBのM範士も元立ちを務められ、浅見も大汗をかきました。

 隣に立っていたK八段が身を捨てて面打ちに出るのに合わせて、応じて打とうとする掛かり手。
 逆だよね。
 でも、八段との違いはそこにある。
 K八段ご自身が、先をかけて身を捨てていく稽古をしているところが大事。

 掛かり手の七段側が先に打っていって一本が取れない。稽古の質が違う。もっとも掛かり手が先に打っていっても、K八段は強烈な手の内の冴えで応じられていました。

 浅見は元立ちでは立っているのがやっと。フラフラ状態なので、面打ち一本だけでお相手。もっとも普通の状態でも同じだけどね。
 夜の懇親会は、身の安全を考え出席を控えさせていただきました。


 さて、昨夜は睡眠導入剤を飲まずに就寝。稽古で疲れ切っているから大丈夫と思っていましたが、やっぱり寝付かれません。帰国後は毎晩飲んでいて眠れたのですが、そろそろ地力で日本の時刻に体調を合わせていこうと思った次第。

 それ故、今朝は早朝散歩10kmのコースを2時間20分かけて歩いた運動のみ。その後はズーッとボーッとしたままに過ごしています。もっとも普通でもボーッとしたまま過ごしているけどね。

 散歩の途中、桑の実(ブドウの房を20分の1くらいに縮小したサイズ)が熟しているのを見つけ、味わいました。指先と(多分)口中も赤く染まっていました。甘くておいしい、止められませんね。自然の甘みなんです。
a0139088_17210194.jpg

 まだ旅行記をカキコする気力が出てきません。
 この時差ボケが消えたら、カキコを始めるかも。

 今夜も睡眠導入剤は飲まずに布団に入るつもり。
 多分、眠れないか、翌朝起きることができないかのどちらかになるでしょう。

 ではまた後日。

# by asami-hitorigoto | 2018-06-24 17:21 | Comments(0)

6/5に到着してから

 6/4に成田を出発してから。
 到着したのはこちらの空港に6/5の9:30。長いね~。
a0139088_13354219.jpg
 荷物をほどいたら、持参したお土産が潰れているのがありました。8種類10個のカップラーメン。
a0139088_13395605.jpg
 浅見の到着後の初仕事は、ザル蕎麦作り。4人分。
 日本から蕎麦(乾麺)をたくさんと付け汁(3本)、それに刻み海苔、万能ネギ、ワサビも持参。ザルも今春と今回で4枚揃えました。割り箸は前回に持参しておいたのがたくさん残っていました。
 台所を借用して取りかかり、ザル蕎麦作りはこの家では2回目なので、比較的スムーズに完成。
a0139088_13463985.jpg
 食後は2時間の昼寝。

 ミラノ辺りがラッシュになる前に出発しようと。14:45に剣道具を車に積み込んでヴェローナへ出発。
a0139088_13523276.jpg
a0139088_13561423.jpg
a0139088_13591968.jpg
 ヴェローナの中心地に到着。駅前です。
a0139088_14110252.jpg


a0139088_14040783.jpg
 ホテルに入りました。
a0139088_14153209.jpg
 長時間飛行の影響で、足がむくんでいたので、長めの散歩に出ました。20:30~22:00に稽古が予定されています。
a0139088_14201786.jpg
 バールに入ってオーダーしたのがこれ。ビールでは無く、ジュースですからね。
a0139088_14482470.jpg
 食したのはこちら。カプレーゼ、健康食だな。
a0139088_14523277.jpg
 ホテルに戻ると同時に猛烈なスコール、濡れ鼠にならずに済みました。稽古開始頃まで雨は降っていましたが、稽古終了時には上がっていました。
 以和貴道場のメンバーとの稽古。すでにヴァカンスシーズンに入っており、参加者は少なめでした。
a0139088_15025449.jpg
 浅見は長旅の直後なので、体操と素振りのあとは自由地稽古とし、参加者全員と地稽古のお相手をしました。その結果、60分間の立切となったけどね。楽なメニューにはなりませんでした。
a0139088_15082940.jpg
 稽古後は、いつもとは違う店に。
a0139088_16193312.jpg
a0139088_15380777.jpg
 この席にて、以和貴道場からワインボトル1本を贈られました。浅見には何と、今年の3月に訪問したカンティーナで「夢のようなアマローネ」と浅見が表現したBussolaの1本。感激でしたね。
a0139088_16313227.jpg
 ホテルに戻り、ジジさんと同室。
 浅見は旅の疲れもあり、グッスリと熟睡。ジジさんは眠れなかったそうです。

 続きは時間が空いた時に。

# by asami-hitorigoto | 2018-06-08 16:36 | Comments(0)

高校総体岩手県予選団体戦の結果

 本日(6月3日(日))は高校総体岩手県予選団体戦の決勝まで行われました。

 岩手県では決勝は各ブロックを勝ち上がった4校(男女とも)による総当たりリーグ戦で順位を決めています。3位・4位は共に3位として表彰されていました。

男子 優勝 福岡高校
   2位 盛岡四高
   3位 花巻北高
   3位 盛岡北高

女子 優勝 盛岡南高
   2位 花巻北高
   3位 盛岡白百合学園高
   3位 福岡高

 全国大会での活躍を期待しています。

# by asami-hitorigoto | 2018-06-03 16:11 | Comments(0)

高校総体岩手県予選個人戦の結果

 6月2日(土)、2日目。高総体岩手県予選の個人戦

男子 優勝 佐藤陽野(福岡高)
   2位  山中悠暉(盛岡四高)

女子 優勝 菅崎凪沙(花巻北高)
   2位  柵山美和(盛岡南高)

 全国大会での活躍を祈ります。

 明日は団体戦の結果が出ます。

# by asami-hitorigoto | 2018-06-02 18:47 | Comments(0)

6月・・・カラダがガタガタ

 今日(6/1)から夏なんですが・・・夜になって冷えてきて、寒い。

 高校総体剣道の県予選が始まりました。今日は男女の個人戦ベスト8までが決まりました。明日は個人戦決勝までと、男女団体戦予選まで。
 壇上でO範士に聞きました。「高校生は1校何人まで出場しているの?」答えは「1校8人まで」
 エ~ッと驚いた。昔は1校2人まで(浅見が高校生の頃)、1校3人まで(岩手県に赴任した当時)だったのに。
 今は高校の数が減ってしまい、個人戦を2日間に分けて実施するために出場者数を増やしたようです。
 それだから素人っぽいチャンバラ剣道が目についたのかしら。


 1日目が終わり、高校生や審判、顧問の先生方が稽古。浅見も防具を装着して一緒に稽古・・・2人の先生とやっただけで打ち切った。

 左腕の上腕三頭筋(力こぶができる反対側)が強烈にイテー。これは数日前から痛かったのだが。
 原因は相面打ちのあと、身体がぶつかり合う際に、相手の拳(竹刀の柄や腕を含む)が浅見の左腕上腕部にキツイ一発を噛ませるかららしい。打撲でしょうね。

 下半身は鍛えすぎで、いつもどこかしかがイテー。でも足腰を鍛えるメニューは毎日休むこと無く・・・イテーのは休みなさいと言うシグナルか?


 ということで、6/4~6/20の間、雲隠れします・・・どこに隠れるでしょうか?その内にカキコしマッス。

 でも足腰鍛えるトレーニングはやり続けるだろうなぁ。だって身体のバランスを崩すことが無くなってきたというのが実感できるからね。
 効果があると自覚できると、続けようというモチベーション(動機付け)が高まるのは運動学の常識。

# by asami-hitorigoto | 2018-06-01 22:22 | Comments(0)

5月後半の花々

 5月も下旬になりました。
 盛岡での早朝散歩で撮ってきたこの1週間のスナップを紹介しましょう。

 5/14の高松池です。
a0139088_16341494.jpg
a0139088_16361301.jpg
a0139088_16392305.jpg
 5/16のスナップです。ツツジが満開のシーズン。
a0139088_16454529.jpg
 5/18のスナップです。
a0139088_17074032.jpg
 5/20のスナップです。
a0139088_17144689.jpg
 近くの小学校では、土曜日の予定が雨天で、日曜日に順延になった運動会が始まる所でした。
a0139088_17212067.jpg
 奥羽山脈には雪が残っています。
a0139088_17234147.jpg
 野生の藤の花。
a0139088_17302405.jpg
 岩手山です。残雪が少なくなっています。
 姫神山です。
a0139088_17465310.jpg
 5/21、今朝の岩手山です。
a0139088_17511849.jpg
 忘れ物のようです。
a0139088_18043731.jpg
a0139088_21522775.jpg



 晴れた日には新緑の緑が鮮やかです。
 やがて梅雨になると、冷え込みますけどね。
 もうしばらくは今の季節が続いて欲しいです。

# by asami-hitorigoto | 2018-05-21 22:20 | Comments(1)

東北学生剣道選手権大会

 5/13(日)に、塩釜ガス体育館において、標題の大会が開催されました。
 岩手大学剣道部からは、男子4名、女子1名が参加。男子2名は1回勝ちましたが、2回目で敗退。他の部員は1回目で敗退でした。

 出場した証拠写真を紹介します。試合中の写真は1人2枚と限定。
a0139088_20023322.jpg
a0139088_20054380.jpg
a0139088_20083452.jpg
a0139088_20254077.jpg
a0139088_20270333.jpg
a0139088_20300673.jpg
a0139088_20323538.jpg
a0139088_20350789.jpg
a0139088_20372945.jpg
a0139088_20393577.jpg
a0139088_20414630.jpg

 閉会式にも、防具を着用して整列し、最後まで参加。お疲れ様でした。

# by asami-hitorigoto | 2018-05-13 20:43 | Comments(0)

鳶のカップル

 5/8の午後、高松池に散歩に出かけ、池の上空に鳶のカップルが舞うかのように飛んでいたのでパチリ。望遠レンズでは無かったので、写りはもう一つですが、雉子に続いてのカップルの登場です。
a0139088_21020053.jpg
 池の畔のツツジが咲き出していました。
a0139088_21144377.jpg
 池の上空を低空で飛ぶ二羽の鳶?を発見。
a0139088_21255546.jpg
a0139088_21283485.jpg
 遊覧ボートを気にする風は全くありません。
a0139088_21291980.jpg
a0139088_21303271.jpg
 空中でもカップルらしく絡み合っていました。
a0139088_21323618.jpg
 水面を叩いて水しぶきを上げていますが、池の鯉を狙っているようではありません。水と戯れているかのようです。
a0139088_21364602.jpg
 もちろん、カップル同士でイチャイチャと・・・のように見えてしまう。
a0139088_21383085.jpg
 高みの見物・・・とは言わないか。
 カップルの世界は、このように花イッパイなんでしょう。
a0139088_21493330.jpg

 今度もまた、三日前に写真に撮った雉子のオスに再び遭遇しました。メスの姿は見えませんでしたけどね。顔がチューリップの仮面をつけているかのようです。
a0139088_21514668.jpg
 メスに振られたか? いや、鳥の世界ではそんなこと無いね。
a0139088_22023620.jpg
 緑と赤の季節です。

# by asami-hitorigoto | 2018-05-08 22:03 | Comments(0)

野生のキジのカップル

 昨日の5/5、こどもの日。午前中の散歩で、キジのカップルに遭遇。比較的近距離で撮影できたので、紹介しましょう。

 最初に発見したのは雄のキジ。
a0139088_15025934.jpg
 いつもは「ケンケーン」という鳴き声がした方に目をやると姿を発見するので、「キジも鳴かずば撃たれまいに」という言葉を思い出します。
 しかしこの時は鳴き声無しで発見。意外に近くでエサ探し?
a0139088_15043672.jpg
 オスだけかと思って、ファインダーから目を離し、遠山の目付。すると畑の反対側にメスがジーッとして立っていました。
a0139088_15074657.jpg
 動かないので絶好の被写体。
a0139088_15084933.jpg
a0139088_15102717.jpg
 写真を撮ってから気づいたのですが、徳利が写っていました。絵柄が鶴の絵。鶴の下に雉子という構図になりました。
a0139088_15121755.jpg
 新緑の葉っぱを口にしていましたが、土の中にも何かを探っていました。
a0139088_15135008.jpg
 メスが移動を開始。しばらくメスの姿を追跡しました。
a0139088_15155005.jpg
 尾っぽを跳ね上げている時は緊張している時と思います。
a0139088_15173879.jpg
 というのはこれから姿を隠せる場所では無い所を横断しようとしています。
a0139088_15202704.jpg
 撮影するには好都合、絶好のシャッターチャンス到来です。
a0139088_15220397.jpg
 無事に草むらへ。
a0139088_15245892.jpg
 どんな所を横断したかというと、この車の後ろを通った次第。緊張しただろうね。
a0139088_15264822.jpg
 さて、エサ探しをしていたオスが、メスの姿を探し始めた?
 もうそこからはメスの姿は見えないはず。
a0139088_15303384.jpg
 ところがすぐに追跡開始に入りました。メスが通った跡を、ほとんど外さずに歩いて行きました。犬なら臭いを追うのでしょうけど、雉子はどうやって跡を追うのかしら?
a0139088_15333034.jpg
 周りに遮るモノが無いので、シャッターチャンス。
a0139088_15341686.jpg
 羽の模様がクッキリとわかります。
a0139088_15352970.jpg
 メスと同じ、駐車している車の後ろを通り抜けていきます。
a0139088_15381799.jpg
 雉子の姿の全体をこのように撮ったのは初めて。
a0139088_15400414.jpg
 見渡せる場所を横断し、ブッシュの中に。まだメスの姿は視認できていないはず。浅見にもメスがどこに居るかは不明。
a0139088_15425153.jpg
 追いつきました。オスはどうやってメスと遭遇するのか、広い、そして草深い原野や森林の中でカップルになるのですから・・・オスの鳴き声をしばしば耳にしますが、声以外の方法はどうするのでしょう?
a0139088_15470094.jpg
 こうしてカップルは茂みの中に入り込んで姿を消しました。
a0139088_15502480.jpg
 過去に、オス同士2羽が一緒に居るのをこのブログで紹介したことがありましたが、カップルの姿を約15分間にわたって追跡できたのは初めてのこと。

 別にストーカーのつもりじゃないんですけどね・・・お邪魔でしたかしら?

# by asami-hitorigoto | 2018-05-06 15:53 | Comments(0)

5/4 桜の次は梨、そして林檎の花

 連休中、京都では演武大会の真っ最中。浅見はの今年は、平成14年に欠席して以来の16年ぶりにお休み。

 盛岡にて、壊れた膝を抱えつつ足腰の強化に努めていましたが、今朝、岩手大学剣道部員の稽古(7:30-9:00)に参加してきました。
 面を着けての稽古は、最後の30分間だけ一緒に地稽古をやってみました。4/18に指切りしてから2週間ぶりです。
 竹刀を保持することはできるのですが、無理な動きをして傷口に負担が掛かるとやっぱりイテーな。
 でも、これからはなんとか稽古をやれそうです。

 足腰強化の一環として、散歩もたくさんやってきました。盛岡ではソメイヨシノは完全に散ってしまい、山桜に少しだけ花びらが残り、その換わりに八重桜がボッテリとした花びらの塊を枝にぶら下げているかのように咲いています。
 白い花としては、梨の木の白い花、そして早生の林檎の花びらが咲き出して、新緑の中で白い色を目立たせてきました。

 この5月に入ってからの写真を紹介しましょう。
 5/1の分。
a0139088_17591594.jpg
a0139088_18011213.jpg
a0139088_18034481.jpg
a0139088_18043759.jpg
a0139088_18065146.jpg
a0139088_18075412.jpg
a0139088_18094047.jpg
a0139088_18103346.jpg
a0139088_18161323.jpg
 5/2の分。
 自宅隣のりんご園、早生の林檎の花は早くも開花。
a0139088_19511045.jpg
 こちらの枝垂れ桜を見ながら足腰のトレーニングをしています。
a0139088_20051764.jpg
 同じ赤のチューリップでも、花弁の中は違っていました。
a0139088_20094348.jpg
 夕方に撮った八重桜。青空だったらもっと見事でしたでしょう。
a0139088_18202448.jpg
 八重桜にフラッシュを焚いてみました。
a0139088_18281048.jpg
 5/3の分。雨降りでした。子鹿牧場コースへ向かいました。山に入って行くので気温が低め、花も街中より遅れている状態です。
 小学校の花壇にあったチューリップから。
a0139088_18304618.jpg
 梨の木の花。背後は林檎のサンフジの樹、まだ花の芽が赤くなったばかりですか。
a0139088_18405998.jpg
 林檎の木々の間に雉子が登場。トリミング。
a0139088_18414031.jpg
 一つ見つけたサンフジの花。
a0139088_18444244.jpg
 梨の花びら。
a0139088_18472371.jpg
 こちらは西洋梨の花びら。
a0139088_18493232.jpg
 山桜の花びら。
a0139088_18535450.jpg
 枝垂れ桜は長持ちしますね。
a0139088_19402850.jpg
 最初見た時、首をひねったね。
a0139088_19443999.jpg
 次はツツジの番です。
a0139088_19460877.jpg
 
 5/4今日の分。午前中は大学で稽古だったので、午後の散歩。
a0139088_20144679.jpg
 濃いピンクの八重桜だけでは無く、白色の八重桜。
a0139088_20240370.jpg
 同じ枝に色違い。
a0139088_20292529.jpg
 林檎、よくできると良いなぁ。
a0139088_20330275.jpg

 花を中心に紹介しましたが、今、そしてこれからは新緑が鮮やかなシーズンになります。
 花粉症、早く無くならないかな・・・

# by asami-hitorigoto | 2018-05-04 20:34 | Comments(1)

3/14 イタリア21日目 帰国の日 旅日記最終回

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

# by asami-hitorigoto | 2018-04-29 22:47

3/13 イタリア20日目 ラストディナー


 3月13日(火)の夜、ヴァレーゼのステファノ・コルトレッツィさん宅にディナーにお呼ばれしました。ステファノさんは、尋成館という剣道クラブのリーダーで、剣道五段です。

 19:00にジジさんと奥様のチチリアさんと浅見の3人でジジさん宅を出発。到着したのは20:00、山道の狭い所をくぐり抜けて、山荘のようなご自宅へたどり着きました。辺りはすでに暗闇の中。
 出迎えたのは、ステファノと娘さん(まだ1歳未満)。奥様のキアラさんはヨガ教室のインストラクターで、仕事に出かけているとのこと。キアラさんはイタリア女子剣道チャンピオンにもなったことがあり、出産前までは女子ナショナルチームの大将としてヨーロッパ大会で優勝したこともあります。
a0139088_11451475.jpg
 猫も出迎えてくれました。そう言えばジジさん、猫アレルギーがあるとかで、出かける前にアレルギーを抑える薬を飲んでいたな。
a0139088_11502274.jpg
 ステファノさんは、今夜の食事作り、スパゲッティ・ボンゴレがメイン。今はアサリを炒めているところ。
a0139088_11531173.jpg
 お家の中は山小屋風です。
a0139088_11572639.jpg
 食卓の用意もできていました。
a0139088_12044121.jpg
 乾杯からスタートしたが、主役はやっぱりムスメちゃん。つかまり立ちならできるようになっていました。猫もムスメちゃんにやられるがままです。
a0139088_12252877.jpg
 移動はもっぱらハイハイで。階段も一人で上がります。
a0139088_12264823.jpg
 そこへ2頭の犬が入ってきました。こちらは親犬。
a0139088_13565521.jpg
 こちらはまだ子ども、でももうかなりの大きさ。このほかにもまだ猫がいるとのこと。
a0139088_13591966.jpg
 飲み物はプロセッコの最上級。
a0139088_14091177.jpg


 キアラさんが仕事を終え帰宅し、合流しました。
a0139088_14121801.jpg
 デザート2種。いずれもチョコを使ったケーキ。
a0139088_14285162.jpg
a0139088_14444925.jpg
 寝転んでいる犬がいても
a0139088_14405186.jpg
 平気で乗り越え、犬もされるがまま。すでに女王様です。
a0139088_14432164.jpg
 そして男どもは食後酒を。最初はコレ。
a0139088_14465771.jpg
 ジジさんお得意の犬ゆりかご。
a0139088_14504329.jpg
 そして次はアブナイお酒、手作りのノチーノ。手作りだとアルコール度が高くなります。既製品では無いのでラベルもありません。
a0139088_14540868.jpg
 こうしたお酒を飲む間に交わされた話(質問と応答)を1つだけ紹介。
 ステ「剣道をやめたいと言ってきた人には、どうする(応対して引き留める)のか?」
 浅見「どうぞと言うだけ。引き留めない。たとえ引き留めても、熱心に取り組むかというと、期待外れに終わるだけ。」(やめたいと言わせない普段からの指導がポイントなのよ)
 ステ、「もう一つ聞きたいことがあったが、もう良い」(六段に合格するには、どうすれば良いかと聞きたかったのだろう、とはジジさんの予想)
a0139088_15025365.jpg
 この綱引き、犬の勝ち。女王様でも負けることがあるようです。

 こうしてディナーが終わり、引き上げることに。時刻は22:45。幼児がいる家では遅くまでは居られませんから。
a0139088_15065756.jpg
 日中に来れば、山頂近くにある家なので見晴らしが良く、景色が見事なんだそうです。
a0139088_15084238.jpg
 出発してすぐに、何かの動物を見いだしました。
a0139088_15103213.jpg
 ジジさんが後から伝えてきましたが、アナグマだったようです。見ないよね、日本では。

 約1時間でガララーテのホテルに戻りました。
 さあ、翌日は帰国する日。


 続きは次のブログにて。



 なお、浅見の左手親指の傷は、傷口がくっついたようです。
a0139088_15245227.jpg
 傷口より指先の部分に痺れが残っています。恐らく神経が切れているのでしょう。神経は3ヶ月で1mm伸びると言われますから、しばらくはこの状態が続くでしょう。
 現在はキズ自体に何かが当たるか押しつけられると、電気が走ったような痛みというかしびれが強烈にほとばしります。これから徐々にモノを握ることに慣れさせていきます。

 足腰は格段に強化してありますが、竹刀操作はいつになったら前に戻るでしょうか?
 ま、晩秋に行われる岩手大学剣道部の打ち込み月間での数千本の打ち込みが終われば、元には戻るでしょう。気長にやります。

















# by asami-hitorigoto | 2018-04-29 15:31 | Comments(0)

3/13 イタリア20日目 帰国準備

 3月13日(火)は、稽古の予定を入れず、丸1日空けておいた。翌日にマルペンサ空港から帰国の途につくので。

 帰国準備として大変だったのは、荷造りをする上で、ワインなどのボトルをどうやって運ぶかということ。
 浅見の手元には15本のボトルがあり、その内2本は木箱(化粧箱)に入っている=重くなっている。

 浅見の航空券は、アリタリア航空の発券。日本の格安航空券を扱う旅行代理店を通しての購入ではなく、アリタリア航空のHPから直接に購入したモノ。実は、直行便で無く、乗り継ぎをしてヨーロッパに行くなら、より安いチケットはある。
 しかし、直行便を使うとなるとアリタリア航空しかない。そしてちょっと割高になる。旅行代理店を通した価格でも、同様に割高であり、しかもアリタリア航空のと同じ金額である。

 直行便であればフライト時間は長くなるのだが、乗り換える手間と時間が節約でき、おまけに貨物の紛失がほとんど無いという利点から、浅見はこのところ直行便だけを使っている。
 さらに旅行代理店からも直行便のチケットを入手できるのだが、貨物に預けるトランクなどは1個23kg以内という制限が付く。でも、アリタリア航空から予約すれば、エコノミークラスであっても1個23kg以内のトランクなどを2個まで無料で預けることができるというメリット、これは大きい。

 浅見は持ち帰るトランクは中型のモノ1個。これに着替えやらお土産やらを詰め込むのだが、とうていワインは入らない。
 そこで、無料で預けることができるバッグは2個までOKなので、ジジさんが使っていた防具バッグ(古くてパーツに破損部分があり、捨てる予定だったモノ)をもらい受け、合計2個のバッグにどうやって詰め込むかのテストを何通りも繰り返した。
 その結果、ワインを全部運ぶのは不可能という結論。

 もし、この日にミラノ郊外にあるクロネ〇〇マトの事務所へ行って、ワインの宅配手続きをとれば(もちろん有料)、浅見が飛行機で運ぶ荷物は楽々とこなせる。海外旅行の人たちは、多くは団体旅行をするので、宅急便の事務所へ行く日程が取れないので、長期滞在者たちがこの業者を使っているようです。

 浅見はこの2年、ここを活用しています。ワイン12本で100ユーロの運び賃と、ワイン1本毎の価格のそれぞれの税金分を支払えば、1週間くらいで日本の自宅に運んでくれます。
 昨年は、入手した価格と同じくらいの運び賃がかかってしまい、せっかくカンティーナで購入してもそのダブルの価格と同じになって大失敗。ある手立てを講じれば、もっと安価に運べたんですけどね。その方法はここには書けません。

 全部のボトルは運べないし、この日にミラノの宅配業者の事務所に行くつもりはジジさんには無いらしい。さて困った。
 ここでジジさんが助け船。「私がボトルを後日に宅配業者の事務所から送ってやる」という。グラッチェでござる。浅見は格別に重い木箱入りのボトル2本だけをバッグに積み込んで、荷物を2個のバッグに詰めていった。2個とも重さ22kgとなり、範囲内に納まった。


 後日談:浅見が帰国してから2週間ほどしてジジさんから連絡があった。「クロネ〇が言うには、法的な改正があり、1回に12本までしか送れないというので、フランチャコルタの3本だけこちらに残し、赤ワインだけ12本を送った」と。そのことは昨年にすでに浅見はクロネ〇の事務所で聞いており、1週間の期間を間において2回に分けて宅配してもらった。そのことをジジさんは、1回だけしか送れないと解釈したようです。事務所の日本人職員のイタリア語の問題だったのかな?
 ちなみにフランチャコルタの白ワインは、赤ワインよりもズーッと高価なんです。それを日本で飲めていないんです。残念!


 ま、いずれにしろ3/13の予定は、ジジさん任せ。写真から何をしたのか記憶をたどってみましょう。

 午前中は街中に散歩に出ていますね。10:00にジジさんがホテルにやって来ました。
a0139088_15321758.jpg
 川に落ちていた傘のきれいな色が目に入った。
a0139088_15485722.jpg
 中古(?大古)の足踏み式のミシンがウィンドウに。浅見が子どもの頃はこれ(と同じようなタイプ)を使っていたなと想い出した。
a0139088_15515956.jpg
 浅見が写真に撮る時、光と影のコントラストが強いところに目が行くようです。
a0139088_16042877.jpg
 この日、青空がとくに澄んで見えました。
a0139088_16164334.jpg
 ジジさん宅に立ち寄って。
a0139088_16254080.jpg
 何故ここに立ち寄ったのかというと、ジジさんはここから車でレニャーノに行くことにしていたから。もし、行かなければミラノ近郊の宅配業者事務所に行ったかもしれません。
 ではレニャーノの街の様子を。
a0139088_16323273.jpg
 史上有名な「レニャーノの戦い」のシンボル像。調べたい方はウィキペディアを参照。
a0139088_16365978.jpg
 立派な建物ですが、ここに剣山道場の古くからのメンバーが住んでいるとのこと。ちょっと驚いた。
a0139088_16390833.jpg
 駐車場に車を駐めて、役所前(脇)の広場へ。
a0139088_16444818.jpg
 ジジさんが見上げていたのはこちらの教会。
a0139088_16522745.jpg
 時刻は時計台の針が示すように12:25頃。アペリティボにしようと提案。広場に面したカフェテラスに席を取った。
a0139088_17124992.jpg
 アペリティボにはおつまみが付く。先に届いた。けっこうな量。食べ過ぎに注意しなけりゃ。
a0139088_17163863.jpg
 上の写真にあるものだけでなく、ポテトチップスまでドッサリと。ジジさん、気にせずにボリボリと。
a0139088_17261375.jpg
 浅見のオーダーは白ワイン。
a0139088_17323596.jpg
 それに対し、ジジさんは野菜ジュース。セロリをかじっています。オイオイ、お疲れかい?
a0139088_17351821.jpg
 カフェテラスから発って・・・これは他の教会。
a0139088_17445532.jpg
 車に乗って伯父さんの家に向かった。
 途中、道路上に馬のマークがあったが、レニャーノには大きな競馬の祭り(あるいは競馬そのもの)があり、絵馬のマークはレニャーノのシンボルとのこと。
a0139088_17484472.jpg
 伯父さん宅に到着。ここでは伯父さんのお顔は出しません。
 建物のこの部分は伯父さんが手づくりで作り上げたそうです。
a0139088_18002147.jpg
 それにジジさんが言ってましたが、「彼はカメラ範士だ」と。持ち物を見せてもらいました。ハッセルブラッドとキャノンの名機でした。範士とはさもありなん。
a0139088_18124911.jpg
 ランチに3人で一緒に行こうとなりました。歩いて伯父さんが行くいつものレストランへ。
a0139088_18265732.jpg
 飲み物はピエモンテ州ランゲのネビオーロ。けっこういけます。
a0139088_18293895.jpg
 13.5%あるのですが、実は浅見だけが飲んだのではありません。ジジさんも、80歳後半の伯父さんもグイグイとグラスを空けていくのです。日本の爺さんは勝てませんね。
 ジジさんのオーダーは、カラマリ・フリット。イカの天ぷらというか、イカリングとでもいうもの、他の海鮮類も混じっていますけど。これが一皿1人前、日本なら胸焼けしそうです。
a0139088_18370604.jpg
 伯父さんは、各種のお肉のグリルミックス。ピンボケです。これを完食するのだから元気です。白く見えて焼け焦げが見えるのはトーストではありません。これもお肉です。
a0139088_18403862.jpg
浅見のオーダーは、まずはほうれん草を煮たモノ。付け合わせです。
a0139088_18451208.jpg
 メインはコレ。出てきた時、何だコレは?と思ったけどね。
a0139088_18463598.jpg
 ソースがタップリと。中のお肉を隠していました。
a0139088_18483816.jpg
 年寄りには重厚でした。若者ならペロッといったでしょう。でも赤ワインとはジャストマッチでした。
 夜には稽古が無いので、アマーロをオーダー。モンテネグロという甘口です。
a0139088_18532058.jpg
 この日に伯父さんは、一緒にジジさん宅へお引っ越し。
 ガララーテに戻ってきました。空軍の施設(写真右側、塀の中)の前に来ました。
a0139088_19164814.jpg
 夜にはヴァレーゼの友達宅へディナーに出かけました。
 そのことは次のブログにて。

# by asami-hitorigoto | 2018-04-28 19:17 | Comments(0)

3/12 イタリア19日目 剣山道場で最後の稽古とディナー

 昨日のカキコで、中央病院にて泌尿器科の検査と書いたが、ミスでした。内分泌科の検査と診断でした。つまりバセドウ病の検査ね。

 医師は、3/19のデータを見て、「腎臓に異常が出ている数値だ。検査を増やそう」といったが、「それは肺炎で通院した日で、39.5度の熱があったから」と浅見から説明。ではいつも通りの処方ということで、これまでと同様に1日1錠の飲用で良しとなった。

 早朝散歩ができなかったので、今日も午後に散歩。いつもと違う10kmコースをカメラ持参で歩いたが・・・3時間半。昨日よりさらに30分オーバー。バテました。おバカですね。


 さて、ガララーテでイタリア滞在最後の稽古。20:30~22:00の予定ですが、ちょっと早めに道場へ。
 でも道場には入れません。20:30までは他の活動がピッチリと行われているから。
 その活動は杖道。
 ジジさんご夫妻が参加していました。ジジさんは杖道のあと、剣道にも参加することになります。杖道の稽古の様子。道場の窓からパチリ。
a0139088_21264757.jpg
 奥さん、昨年よりも一段と気迫がこもってきましたね。ジジさん、ご用心遊ばせ。
a0139088_21290589.jpg
a0139088_21320489.jpg
 そして剣道の活動の時間となりました。各人で足運びと振り下ろしのトレーニング。昨年まではやっていませんでした。恐らく、昨年に浅見が連続100本打ち込み動作を稽古前に実施させたので、100本とは行かずともこうした動きを稽古に導入したのでしょう(推測)。
a0139088_21354079.jpg
 しかし皆さん、右の握りが硬い。面打ちでストップさせるときに右腕に力が入りすぎ。
 そこで浅見が助言。「もっと右手をリラックス。試しに左手だけで握り、右手は握らずに添えるだけ、左腕だけで振るようにやってみて」と。
a0139088_21391202.jpg
a0139088_21423405.jpg
 ちなみに彼らがやっているのは面打ち動作、浅見がやっている100本連続打ち込み動作では、振り下ろしは水平まで。小手打ちよりも低い所まで振り下ろしていますから。浅見は打ち方の練習では無く、「振り」の稽古と思っていますから。
 この後、素振りに入りました。
a0139088_21483005.jpg
 この夜は浅見の最後の稽古というので、特別プログラム。
 素振りのあとは浅見の講義(というか漫談?)とマジック面をどうやって打っているかの種明かしをすることにしていた。その後、自由地稽古の時間。

 浅見の話は、日本語が少しできるルチアさんに通訳をしてもらい、浅見は日本語と英語のチャンポンで20分間やりました。内容は、剣道の技術の変遷、剣道文化講演会で大保木先生が語った内容のダイジェスト版(ここでは省略、前のブログでカキコしたことがあるから、そちらを参照)。
 マジック面は、大保木先生の話にあった、小野派一刀流による相手に自分の身をさらし、相手からの面への切り込みを無効にして後の先で勝つというテクニックをもとに、浅見が考えついたモノ。やり方の解説と、手の平で実演して見せました。ま、真似はできないでしょうけどね。

 そして地稽古タイム。
 浅見は、アルゼンチンから来たという2人の男女のビギナーを最初の相手に。
a0139088_22012752.jpg
 大きな動作で正確に(正中線上を振り下ろす)、を言い続けました。
a0139088_22032002.jpg
 ここでもクイック面を打つなら、剣先を上げずにとアドバイス。浅見の竹刀に自分の振り上げる竹刀が当たってはダメとね。
a0139088_22151388.jpg
 でも打ち込みになれば、「大きく振り上げろ」と指示。正中線上を正確に振り下ろせるかどうかがポイント。
a0139088_22194932.jpg
 しっかりと打たせて、その感覚を身に付けてもらわないとね。でもイテーな、相手は大男だし。
a0139088_22211445.jpg
 稽古の最後の方になって、それまで元立ちをしていた他のクラブから来ていたA七段、浅見の前に数人が並んで待っていたのを、ズイッと一番前に立って、自分に番を譲れとばかりに待機した。
 それを目にした浅見は、お相手していた人にちょっと待ってもらい、「順番を待っている人を無視して、七段だから先にやって良いということはない。マナーに反する。七段はイタリアでは最高位。最高位の人は他の人の良いモデルにならなければダメ。順番を無視して優先させろというのはモラルが低い。七段でも順番を守るべきだ。」とお説教。A七段はわかったと、引き下がった。結局、時間内にはA七段とはお手合わせしなかったけどね。ま、低いレベルの七段です。

 日本のある有名範士が言ったそうです。「日本に七段はたくさんいるが、七段には初段から八段までいる」とね。つまり七段に合格しても、ホントの力量は初段並みの人から、すでに八段の力量を備えている人までいると言うことです。八段といえども、ホントの力量は・・・と言われないようにしないとね。

 アルゼンチンからのビギナーさんの最後の切り返し、抜群の剣道センスです。将来が楽しみ。
a0139088_22343300.jpg
 集合写真
a0139088_22372424.jpg
 シャワー・更衣後、いつものドイツ風パブへ。
 このお二人には、食事時にはいつもお世話になっています。
a0139088_22420875.jpg
 ジジさんと、これは珍しい表情(和やか)の写真。
a0139088_22451944.jpg
 それに対して下の写真はいつもの(ノーマルな=二人にとっては)表情の写真。
a0139088_22470435.jpg
 このお店は雰囲気は良いのですが、ワインがモンフェラートの赤と白のワインしか無いのが珠にキズ。
a0139088_22504539.jpg
 料理は皆さんでパスタ。
 ディナーが終わって外に出たのが0:48、ガララーテでのアルコールタイムが完了でした。

 続きは次のブログで。

# by asami-hitorigoto | 2018-04-27 22:55 | Comments(0)

雉子もお花見

 今日(4/26)は、午前中に運転免許に関して、70歳以上で免許更新を希望する者に対する「高齢者講習」を受け、終了証明書をもらってきた。
 座学30分、適性検査(視力検査)30分、そして自動車学校のコースで実際に車を運転するのを1時間という時間配分。3人1組でやったので、実際には自分がやった時間は、適性検査、実技とも10分程度。それなりに面白かったね。
 おかげで午前中がすっかり潰れた。

 ということで早朝散歩ができなかった。そして今日は久しぶりにお天気が晴れ上がった。それで午後からカメラを持って、高松池方面に出かけた。桜は満開の時期を過ぎましたが、まだ多くの花びらが残っています。散歩とトレーニングと撮影によって、3時間もかかってしまった。やりすぎです。

 でも、偶然に雉子が桜の樹の下に出現。ラッキーでした。写真を紹介します。
a0139088_22210553.jpg
a0139088_22240972.jpg
a0139088_22250501.jpg
a0139088_22260108.jpg
a0139088_22263252.jpg
a0139088_22343461.jpg
 今日は風が強く、水面に花びらの川ができました。
a0139088_22415866.jpg
 カキコを遅い時間に始めた上に、写真のアップがやけに遅い。今日はここまでにします。
 イタリア旅日記はお休み。明日以降に再開します。たぶん・・・

 明日は半年に1度の泌尿器科の検査の日。ガン細胞が見つかるかどうかの血液検査。
 もう半年に1度となると、忘れてしまうほど。それでもやっぱり前科者ですからね、やっておかないと・・・コワイね。

# by asami-hitorigoto | 2018-04-26 22:50 | Comments(0)